SGA性低身長:うまれつき小さい子どもは要注意!

 

小さく生まれたことが関係している場合

SGA性低身長と言って、お母さんのお腹の中にいる期間(在胎週数)に相当する標準身長・体重に比べて、小さく生まれることをいいます。

お腹の中にいた時間のわりに小さく生まれてしまった場合です。英語の「Small‐for‐Gestational Age」の略。

身長と体重を両方測定します。

身長が100人中小さいほうから10番目以内に入り、体重でも100人中小さいほうから10番目以内に入った場合、SGAです。これは専門医が判断します。ご家庭で判断する事はできません。

SGAに該当したとしても90%の子どもは、2-3歳までに成長が追いついていきます。

これをキャッチアップと言います。SGAに該当して、2〜3歳までに成長が平均に追いついて来なかった残りの10%の子が、SGA性低身長の可能性があります。

SGA性低身長症の子どもは、成長期を通じて背が小さく、思春期を経て成人になっても、背が低いことが考えられます。

このような場合は、3歳以上で条件を満たす場合は、成長ホルモン治療が可能になります。

なるべく早く専門医に見せるようにして下さい。

SGA性低身長の子どもが抱える悩み

SGA性低身長の子どもは、うまれてからずっと小さいままです。

平均身長に追いつく事がないので、いつも並んだ時に前の方になります。

自分に自信が持てない、友達と打ち解けられない、という問題が起こります。背が小さいだけではなくて、社会性の部分でも問題が発生する事があります。

早く発見してあげないといけません!

SGA性低身長は、生まれつき小さい状態ですから、親としても慣れっ子になっているかもしれませんが、そのうち伸びるだろうでは取り返しのつかない自体になる可能性があります。

ですから、もしSGA性低身長が疑われる場合は早く発見して手を打ってあげなければなりません。

3歳までは、乳幼児健診での成長障害の早期発見がとても重要です。この場合、頼りになるのは、保険師さんです。たくさんの子どもと保護者に会うチャンスのある保健師さんと自分の子どもの現状について話してみるといいでしょう。

そもそも3歳頃までの成長障害の多くは栄養に関わるものです。

低身長は慢性的な栄養障害が原因であることが多いです。

この場合、子どもは食べない、飲まないという具体的な毎日の行動により現象を捉える事ができます。しかし、これ以外にもホルモンや代謝の異常、肝臓や腎臓の病気などによるものもあります。

3歳〜6歳までは特に重要です。なぜなら保健所の検診と学校検診の谷間となり、見過ごしてしまう可能性が高いからです。
この場合、頼りになるのは幼稚園の保育士さんです。

子どもを預けている施設の保険士さんや保育士さんと時間を取り、話し合い、気づいた事を指摘してもらうようにしましょう。

 -知っておいて欲しい話