お医者さんでの低身長の検査について情報をまとめています。

子どもの身長について診察できるお医者さんというのは比較的少ないので情報が得にくいかもしれません。ここではそんなお医者さんがやっている低身長の検査方法について丁寧に説明していきます。

お医者さんの検査と言うと血液検査などを想像するかもしれませんが、子どもの成長の場合、より慎重な判断が求められます。子ども一人一人成長の早さも違うし、親から遺伝の関係も否定できません。ですから、本当に低身長なのか、それとも一時的なものか、メンタル的な要素はないか?などじっくりと判断していく事になります。

これまでぐんぐん伸びたのに突然止まった場合と、これまで伸びていなかったけど、ぐんぐん伸び始めている状態では、同じ身長でも対処の仕方がまるで異なってきます。お医者さんはデータを見ながら、血液検査もしながら、尿の検査もしながら、お母さんに色々と話を伺いながら、総合的に判断を下していきます。

大切なのは、お医者さんにたくさんの情報を提供する事です。お母さん方はじ—ッと話を聞くだけではなくて、お医者さんに聞かれた事は積極的に話していくことをおススメします。

「 検査方法 」 一覧

低身長の検査って何?4つのステップがあります。

SDスコアにより低身長かどうかを数値で確認した後、実際にお医者さんでどんな検査をするのかまとめておき