低身長の治療にかかる費用はどれくらい?

 

成長ホルモン治療の費用についてまとめておきます。

成長ホルモンの薬、成長ホルモン製剤は非常に高い費用がかかります。治療も年単位で継続しなければなりません。

成長ホルモン治療って保険は使えないの?

「低身長の成長ホルモン治療は保険は使えないの?」と考えると思いますが、通常の保険で成長ホルモン治療を受ける場合には、「高額療養費制度」という補助制度と「小児慢性特定疾患治療研究事業」を利用する事が可能です。

高額療養費制度とは?

これは、一定の金額を超えた治療費は、後で戻ってくる制度です。ですから一時的に治療費を立て替え、あとでお金が戻ってくるパターンになります。

厚生労働量の資料:高額療養費制度を利用される皆さまへ

支給を受ける為には、以下のように記述されています。

ご自身が加入している公的医療保険(健康保険組合・協会けんぽの都道府県支部・市町村国保・後期高齢者医療制度・共済組合など。以下単に「医療保険」といいます。)に、高額療養費の支給申請書を提出または郵送することで支給が受けられます。

小児慢性特定疾患治療研究事業とは?

高額療養費制度は申請が降りるにしてもダメにしても一時的に、支払いをしなければならにので、こちらの小児慢性特定疾患治療研究事業の方が家庭の負担が少ないと思います。

厚生労働量の資料:http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/boshi-hoken05/

ただし、上の厚生労働省の資料を見てもらえれば、明らかな通り、基準がかなり厳しく、一般の低身長のケースでは厳しいかもしれません。

どちらにしても、先立つお金が必要になりそうです。

成長ホルモン治療の費用はどれくらい?

費用に関してなのですが、これはかなり高額になります。

年間で百万円〜数百万円かかることも珍しくありません。成長ホルモン治療は、一過性の物ではなくて、継続的に行うものですから、かなりの負担になります。

具体的な試算は各病院に問い合わせないといけないのですが、月々の自己負担額は、80,000円〜90,000円くらいを想定しておくといいでしょう。

前述の高額療養費制度を利用する場合。また、この金額は、前年の所得税年額により上下します。ですから、年間の治療費総額は、80万円近くの値段になります。

かなり高額になるということは間違いありません。

成長ホルモン治療の費用が高い!と思ったら

成長ホルモン治療はもちろんお医者さんで治療するものですから、一定の効果は見込めると思います。

その場合の治療の効果は、「身長の伸びは1.5倍〜2倍。例えば1年に3cmくらい伸びていた子どもは1年間に4.5cm〜6cmくらい伸びるようになる。」が通常と言われています。

つまり、2倍とは言わないけれど、1.5倍くらいならば、他の代替のものでも達成できる可能性があるのです。

その一つの可能性が低身長に向いているサプリメントです。

結局、成長ホルモン治療の製剤は何かと言えば、タンパク質の一種、ペプチドホルモンです。

つまり、タンパク質をしっかりと摂取し、さらに吸収率が高いサプリメントでフォローすれば改善可能であるということもまた、言えるのです。

カラダアルファなどはかなり品質にこだわっており、仕上がりも医薬品レベルです。

成長ホルモンの治療費が高すぎる!と思った場合は、サプリメントを飲んで3ヶ月くらい様子を見てみるのもいいかもしれません。

 -治療とその効果