低身長と言えば、病気のように考えられている傾向があります。もちそん成長ホルモンの分泌がスムーズにいかずに低身長症になっている場合もあります。その場合はすぐに成長ホルモン治療などを受けた方が良いでしょう。

しかし、実際は、それ以前の食事の取り方がマズくて太ってしまっているが故に身長が伸びていかないケースが実際のところ多いのです。最近多いのがこの子どもの肥満の場合です。

子どもの肥満が原因で身長が伸びないのは、発見が遅れる傾向にあります。なぜなら、肥満ということは身体自体は大きくなっており、「これから成長期になったら上に伸びるだろう」と楽観視される親御さんが多いからです。これは非常に危険です。

なぜなら、成長期というのは二度来ないかけがえない時間だからです。この時期を迎えるまでにいかに準備を整えておくか?が身長を伸ばすコツなのです。

肥満と身長と成長ホルモン、そして成長期の迎え方などについて以下の記事ではまとめています。

「 低身長と肥満とは?子どもの肥満は身長を伸ばす大きなブレーキになります。 」 一覧

まずは子どもの肥満度をチェックしよう!

このコラムでは子どもの肥満度をチェックしていきましょう! 子どもが肥満になると身長が伸びにくくなりま

子どものダイエットは大人も一緒にやるのが効果的!

子どもの肥満は、怖いものです。 肥満状態になると成長ホルモンの分泌に影響し、成長期が早くやってきてし

噛む大切さを教えてあげて下さい。

子どもの肥満について悩む親が増えています。 子ども向けのダイエット教室が開催されたりもしており、深刻

低身長と肥満の関係「太ると伸びにくくなる」

身体が大きくなっているみたいだけど、身長がそこまで伸びないなぁと悩んだ時は、子どもの肥満を疑ってみる