子どもの成長はカルシウムだけじゃダメ!

 

「まずは何はともあれ、牛乳を飲まさないと!と思って毎朝食卓に大きめのコップに入れてドンと置いてます」

「ちょっと待ったー!それあんまり意味ないですよ!」

「ええええええええ!!!」

こんな漫才みたいなやりとりを年間に何回もやっている私です/苦笑

このコラムでお伝えしたい事はまさにタイトルに書いてある通り、

「子どもの成長はカルシウムだけじゃダメですよ」という話です。

牛乳は基本でしょ?

そう思っている親は多いですね。

しっかりと情報を集めているお母さんは、「実は牛乳じゃないかも?」と気づいているかもしれませんが、お父さんの方が

旦那「いやいや、身長伸ばすには牛乳が基本だろ!?」

と言い出してしまうわけです。そんな旦那との育児方針で悩んでいるお母さんもたくさんおられます。

そう、旦那さんは古い価値観に縛られているのです。

牛乳は基本ではなく、むしろサブなのです。

カルシウムを取りすぎても流れ出てしまい、さらに

これは覚えておいて欲しいのですが、カルシウムというのはカラダに一定の量しか蓄積する事ができません。

食べれば食べるほど骨に吸収されるとか、そういうことはないです。
オーバーした分はすべて流れ出ていきます。

ですから、牛乳1日1リットルに根拠はありません

しかも、カルシウムの特性ですが、体内から流れ出る時に仲良しのマグネシウムも引き連れていき、そしてそのマグネシウムが骨のマグネシウムを剥がしながら出て行きます。

つまり、牛乳を飲み過ぎると体内のカルシウムが減る可能性があるのです。

過ぎたるは及ばざるがごとし。

答え:栄養バランスが大事

じゃあどうすればいいの?という話ですが、こちらのページにはちゃんと答えが書いてあります。

答え:「栄養バランス」

子どもの身長のことについてなかなかコンパクトにまとまったページはありませんが、このカラダアルファのホームページはとても分かりやすいと思いますし、私の考えと非常に近いです。

そう、子どもの成長に必要なのは、栄養バランスなのです!

。。。というと

親「し、しってるわよ!そんなことくらい!」

と言われてしまいますね。

でも、これが真実。やっぱり子どもが大きくなる為にはたくさん食べることが大事なんです(好き嫌いなく!

じゃあその栄養バランスって何?というのがなかなか理解できていない人が多いので、「じゃあ具体的にナニすればイイの?」となってしまうわけですね。

共働きが多い現在、難しいかもしれない

栄養バランスというのは、タンパク質もビタミンもカルシウムも亜鉛も鉄もマグネシウムも…ということです。

ようするに、全部ね。という身もふたもない答えになってしまいます。

しかし、正直なところ、各家庭の事情により、ちょっとそれは難しいかもと感じてしまうのも事実。

なかなか厚生労働省が推奨する『1日3食30品目』というのは実現困難です。

だからこそ、今の時代は、あくまで食事をベースにしつつもサプリメントで不足分を補うという考え方が必須になるのではないかと考えています。

このカラダアルファは、その現在のご家庭の事情も考慮しているという点で、私はとても評価しているサプリメントです。

 -サプリメント