ソフトメジンCって知ってますか?

 

子どもの身長を伸ばすために一番必要なものは…というと「成長ホルモン」ですね。

これはもう知ってるかな?

カルシウムでもなくビタミンでもなく、成長ホルモンが出ること。

これが大事なんですね。

この成長ホルモンって飛脚というか、メッセンジャーみたいな役割を持っていて、色々なカラダの方面に指令を出していくんですね。

仕事人みたいなソフトメジンc

成長ホルモンが肝臓などに働きかけて生まれるのがソフトメジンcです。

これは成長ホルモンとは違い、別のホルモンになります。このソフトメジンcが骨の成長を促します。

そうすると、骨が縦に伸びていき、身長が伸びていきます。

成長ホルモン⇒ソフトメジンc⇒骨、というこの流れが大事なんですね。

ソフトメジンcはその他にも脂肪組織に働いて脂肪を分解したりします。子どもの肥満の解消にもなります。

また、タンパク質を合成する作用もあります。タンパク質と言えば、骨のど真ん中にある、芯です。これが合成されるということは、これすなわち身長が伸びるってことなんですね。

成長ホルモンとソフトメジンcは子どもの身体を作ってくれる仕事人と言えそうです。

成長ホルモンが活発に出るのが寝ているとき

寝る子は育つというのは本当です。

成長ホルモンが1日で最も分泌されるのが寝ている時、それも眠ったすぐ後の、深い眠りの時なのです。(ノンレム睡眠)

そして、寝ている時にこのレム睡眠とノンレム睡眠が90分ごとに繰り返し現れます。

そう、つまり眠れば眠るほど成長ホルモンが分泌されるチャンスが多くなります。

だから寝る子は育つなんですね。

成長ホルモンとソフトメジンcを活発化してもらうためには、とりあえず子どもを早く寝かせてひたすら寝かせるのが一番なのです。

逆に言えば、子どもを低身長にしてしまうのは、

親がダラダラとテレビを見ているとなりに子どもがずっといたり、おねしょで頻繁に親が起こしてしまったり、朝早いスポーツ倶楽部に通わせてしまったり…となんらかの眠りを妨げるものがあるのが原因です。

十分に注意しましょう。

夜寝る前にこのサプリを取って寝ればまさに鬼に金棒です^^

 -サプリメント