ココナッツオイルを子どもに取らせると母乳なみの栄養素!

 

最近アメリカで流行っているココナッツオイルについて紹介しておきましょう。

バージンオイルじゃないですよ。ココナッツオイルです。

ココナッツというとこういう実ですね。

いわゆるヤシの実みたいな南国のイメージ。この実から取れる栄養価に注目が集まっているんですね。

ハリウッド女優のミランダ・カーも愛用しているそうですからぜひ試してみてはいかがですか?

ちなみに私も毎朝取ってます。

母乳の栄養バランスに近いココナッツオイル

子どもが一番始めに口にする食べ物と言えば、母乳ですね。

母乳を飲ませた方が健康的な子が育つというのは昔から言い伝えられています。

なぜ母乳がそんなに良いのかと言うと、赤ちゃんの発達に必要な、ビタミン、ミネラル、タンパク質、脂質がブレンドされているわけですね。

ここからが大事なのですが、母乳に含まれる重要な成分の一つが、中鎖脂肪酸(主にラウリン酸)です。

そしてラウリン酸は、ココナッツオイルに含まれているメインどころの中鎖脂肪酸なのです。

そして赤ちゃんが吸収できるわけですから、消化吸収もカンタンにできるわけです。

母乳と似た性質を持つのがココナッツオイルなのですね。

甘い香りのココナッツオイル

白砂糖が身体にあまり良くないというのは、ご存知だと思いますが、しかし、子どもは甘い物が大好き。

私は白砂糖の代わりにココナッツオイルを飲み物に入れてあげたり、パンに塗ってあげると凄く子どもは喜んで食べてくれるでしょう。

それに何より、ココナッツオイルには、砂糖が入っていません。

しかし、あのあまーい香りがその気分に浸らせてくれます。

梅を見ると口の中が酸っぱくなる…ではないですが、ココナッツオイルの香りをかぐと、口の中が甘くなるというイメージ。

子どもが喜んで食べてくれるでしょう。

ココナッツオイルは万能ではない

もちろん誤解しないで欲しいのですが、ココナッツオイルが子どもの低身長に直接的に良いかと言うと、そうではありません。

あくまで野菜から取れないビタミン、ミネラルを補うためです。

私は、サプリメントはカラダアルファをおススメしていますが、ココナッツオイルも同じ理由でおススメできます。

両方とも吸収率が抜群に良く、子どもの身体にしっかりと栄養分が入っていくからです。

ぜひ両方、試してみてはいかがですか?

 -サプリメント