低身長の子ども向けサプリってどうなの?

ぶっちゃけてみようと思う

ここのページにくる人は、子どもの低身長について悩んでいるお母さんが多いと思います。

なんかあまりにもマユツバなお話も多いような気がしませんか?

私にできることは自分が知っていることを丁寧に書くだけ。

ここでは、サプリの業界ウラのお話しと言いますか、びっくりするようなお話を交えつつ、書いてみたいなと思います。

成長期向けのサプリって実はたくさんあるんです

スマホで「低身長 サプリ」と検索すると…

低身長サプリ

たくさんの成長期の10代向けのサプリメントが出てきます。

「メディアで大特集!」
「小児科医が監修!ジュニア向けサプリ!」
「カルシウムがたっぷり配合!」
「成長の鍵は×××!」

画面がどーんと出てきて、これでもか!とおススメしてきますね。

私たち、親はサプリメントの専門家でもありませんし、栄養成分の専門家でもありません。

広告を鵜呑みして失敗したら大変。

何よりそのサプリメントを飲むのは、愛するわが子。

自分ならまだしも子どもを危ない目にあわせるわけにはいきません。

子ども用のサプリメントは慎重に選ぶ必要があります。

子どものサプリ選びにはこの3つをチェック!

そもそもサプリメントなんて急いで買うものではありません。

何より大切なのは、日々の食事です。

ただ、もしあなたがサプリメント試してみようかな。。。ってちょっと思ったんだったら、まずは下の3つのポイントで色々な商品を見てみるといいですよ。

すぐに「あ、これダメなヤツだ!」ピピーンときますよ^^

選び方1:これ1つさえあればOK!と書いてある商品はNG

色々調べたら●●●ニン!が大事だと分かりました!

一つの成分だけ強調しているものはダメです。

なぜかお母さんは知ってますよね?

そう、子どもに必要なのは、栄養バランスだからです。この栄養バランスという言葉にお母さんは日々シックハックしているんです。

子どもが口から入れる物は常にバランスを意識していないといけません。

だからサプリメントも「バランスを重視した」ものを選びましょう。

選び方2:吸収率を考えないといけません

吸収率って言葉、知ってます?

専門の小児科医の先生の意見を聞いてみましょう。

ちょっと難しいですが、引用します。

現在サプリメントとして販売されているアルギニン製剤は、多くの場合に200mg~2gの錠剤で、内服薬です。その全部が吸収されて血中に移行したとしても分泌刺激試験の10分の1ぐらいの量となり、全部がそのまま吸収されないことや代謝などを考えると、血中のアルギニン濃度はわずかな上昇に留まるのではないかと考えられます。従って、サプリメントの服用で成長ホルモンの分泌が促進するとは考えられません

下線は筆者注。引用元:http://jspe.umin.jp/public/kenkai.html

日本内分泌学会のホームページによると上のように書いています。

一言で言うと「意外とサプリって吸収率、良くないよ」ということ。

これが小児科医の先生の考え方。

逆に言えば、子どもの身体への吸収率が高いサプリを選べばOKということです。

吸収率についてハッキリと記載されているサプリメントが信用できますね^^

逆に吸収率について全く記載がなく「ウチのサプリはこの成分がこーーんなに入ってます!」と、量のことばっかり言っている商品はちょっと怪しいですね。><

選び方3:原材料名を見るとすべて丸わかり!

これはチップスター(わさび味)。そう、あのポテチです^^

原材料名表示

ためしに裏の原材料名のところを見てみましょう。

低身長サプリ原材料名表記

ポテトフレーク、植物油脂、砂糖、食塩…」と書いていますね。

これは、チップスターに入っている材料の多い順に並んでいます。つまり、チップスターにはポテトフレークが一番多く入っているんです。

多い順というのは、法律で決まっています。

一般的には、まず原材料について原材料に占める重量の多いものから順に記載し、続いて添加物を表示します。

引用元:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/hyouji/faq/genzairyou.html

つまり、サプリメントの「原材料名」を見れば、そのサプリメトに何が一番多く入っているか、すぐに分かるんですね。

サプリメントを考える時は、まず瓶をクルッとひっくり返して原材料名の表示をチェックしましょう!

お母さん、こんな事感じた事ありませんか?

子ども背の順

朝、ご近所の子と仲良く学校に出かける我が子を見て。

「あ、あら、、ウチの子ってちょっと小さい…かも」

運動会で一列に並んでいる我が子を見て。

「あ、ウチの子って小さい方なんだ。。。」

そんな現実を目の当たりにしてしまったり。

夜、家に帰ってきた旦那に相談してみると。

旦那愚痴

「そんな事言ったって、子どもの成長なんてバラバラで当然だよ。遺伝も関係あるし。生まれた月も関係するし。4月生まれの子、12月生まれの子が一緒のはずないだろ?」

ウチの子は12月生まれ。

頭では分かってる。確かにそう。

でもやっぱり気になってしまう。

毎日の食事には気を使っているし、たぶんバランスも良いと思う。牛乳も普通に飲んでるし、好き嫌いもなさそう。

でも、もしかしたら何か足りないモノがある??

そんな事を考えてしまうと、どうしようもなく不安になり、夜、子どもの寝顔を見ると涙が溢れてしまうんです

上の文章は、私の元に寄せられたママからの声です。

私は、身長のことについて悩むママにはこうアドバイスしています。

「お母さんは一生懸命やっています。大丈夫です。安心して。」

でも、一つだけ、知っておかなくちゃいけないことがあるよ

「今は、お母さんがどんなに頑張っても、子どもが身長を伸ばすために必要な栄養バランスって、取りにくくなっています」

「だからといって、牛乳だけをひたすら飲んでもダメなんです」

低身長かどうか、分かりやすい2つの目安

低身長がどういう状態かと言うと、一番分かりやすい指標が、「同学年の子どもで一番小さく、さらに2学年下の子どもよりも低い」という状態です。

このような場合は、低身長と判断していいでしょう。

2学年下よりも低いということは、2歳離れた兄弟がいた場合、弟とお兄ちゃんの身長が同じかさらに低いという場合になります。

弟よりも兄の方が低いということは確かに何らかの異常があると言って良いでしょう。

また、もうひとつの指標が、年間の伸びです。

たとえば、仮に今現段階で身長が低かったとしても、直近の一年の身長の伸びが大きければこれからぐぐっと伸びていく事が言えますよね?

つまり、「今、何cmなのか?」という現在の数字と「今、何cm伸びているのか」という増加の幅の2つの目安で見ることが大切です。

低身長って病気なの?10個の原因を紹介します

子どもの低身長は病気が原因である場合と、そうでない場合があります。

ですから、一時的なものか、慢性的なものかを見極めていかないといけません。

低身長の原因は、10個考えられます。

1.体質の問題

両親ともに身長が低い場合、やはりある程度の遺伝の影響があります。この場合は、病気というよりも体質の問題になります。ですので、極端な低身長になることはありません。低身長の治療が必要ない事が多いです。

2.心理的原因

精神的な影響が原因で身長が伸び悩む時です。よくあるケースが2つあり、親の転勤が多くて、学校がコロコロ変わる事で強いストレスを感じてしまう場合と、両親の離婚が原因で十分に愛情が注がれない場合、これを愛情遮断症候群とも言います。これらは現在の環境が子どもに影響してしまっているので、治療は必要ありません。家庭環境の改善が急務です。

3.栄養の問題

栄養失調の場合はもちろん身長は伸びないですが、一般的にバランスの良い食事を心がけていれば、治療は必要ありません。子どもの身長を伸ばす食事を色々と調べてみて下さい。

4.低出生体重性低身長症

生まれたときに低体重で生まれた場合です。基本的に徐々に体重が追いついてくるのですが、そのまま低身長になってしまう場合もあります。この場合は、成長ホルモンの治療が必要になる場合もあります。

5.思春期早発症

そもそも思春期というのは身長が伸びるラストスポートです。ですからあまりに早く思春期が来てしまうと身長の伸びも止まってしまいます。この場合、思春期を送らせる治療が必要になります。

6.思春期遅発症

⑤とは逆で、思春期が遅くなる場合です。よくあるパターンが高校生になってから身長が伸びるタイプです。あとから追い上げるタイプですので基準値に追いついてきます。私もこのタイプでした。治療は必要ありません。

7.ホルモンの病気

身長を伸ばすためには成長ホルモンの動きが活発にならないといけません。成長ホルモン分泌不全性低身長症または、甲状腺機能低下症などが原因となる場合、すぐに検査した方がいいです。

8.骨の病気

極端な低身長の場合、軟骨異栄養症と呼ばれる、軟骨に異常が見られる場合があります。この場合、成長ホルモン剤を投与することが必要になる場合があります。

9.染色体の病気

低身長の女子に多いのが、ターナー症候群と呼ばれる病気です。この場合も成長ホルモンの投与が必要になる場合があります。

10.内臓の病気

子どもによく多い、慢性腎不全の場合、成長ホルモンの投与が必要になる場合があります。腎炎は厳しく塩分制限などがありますので、子どものケアをしっかりとやってあげてください。

身長が伸びる子、低身長になる子の違いとは?

現代は、身長がグーンと伸びる子と、なかなか伸びない子が同時に存在する時代です。

身長が伸びる場合と、伸び悩む場合は、明らかな傾向があります

身長が伸びる子にはこんな子が多い

子どもの身長がグーンと伸びる為には、食事と運動と睡眠の3つをバランスよくしなければなりません。

身長が伸びやすい子どもの特徴は、子どもらしい、ことです。

これは言葉遊びのように聞こえるかもしれませんが、一度考えてみましょう。

あなたにとって「子どもらしい」とは何でしょうか?

外で走り回っている。ご飯をもぐもぐと何でも噛んでも食べる。ちょっとピーマンは苦手。カレーが大好き。夜はゆらしてもなかなか起きないほど深く眠っている。夏場は外で遊びしすぎて、真っ黒に日焼けしている。プールは大好き。冬でも外で走り回っている。鼻水を垂らしていても全く気にしない。

どうでしょう?

子どもらしい子どもは上のような特徴を持っていると思いませんか?

そうです。

お気づきの通り、上に書いた子どもらしい行動こそ、身長を伸ばすことの大切な3要素食事・運動・睡眠を満たしているのです。

低身長になってしまう子どもはこんな傾向がある

では逆に低身長になってしまう子どもはどんな傾向があるかと言うと、以下のような傾向があります。

ご両親とも共働きで朝ご飯は食べない。首から鍵をぶらさげているカギッ子。学校から帰ってもお父さんとお母さんはいない。家庭環境は、お父さんの仕事の都合で引っ越しが多く、友達ができにくい。スマホ、ゲーム、カードなどをやるしか遊べず、部屋に閉じ篭りがち。お父さんとお母さんが帰ってくると嬉しくて、リビングでずっと一緒にテレビを見て夜更かしをする。

ちょっと子どもらしいとは言いがたいですね。

ただ、残念ながら現在はこのような子どもが少しずつ増えている傾向があります。

夫婦共働きの場合などは家庭の事情があってのこと。

ですから、お父さんとお母さんにはどうしようもないことも、正直あります。

覚えておいて欲しいのは、現代の社会は、子どもにとってとてもストレスが発生しやすい状況にあることであるということです。

食事の問題だけではなくて、様々な要因が重なり合って、飽食の時代にも関わらず低身長になってしまう子どもが多いということです。

低身長にならないようにジュニア向けのサプリを摂取した方がいい

親がしっかりとケアすれば、運動と睡眠はほぼベストな状況になるでしょう。

しかし、やっかいなのが、食事です。

なぜかというと、現在の食べ物、特に野菜にはほとんどミネラル分が入っておらず栄養価が取りづらい状態になっているからです。

献立的にはバッチリの料理でも、栄養素的に、スカスカになっている可能性があります。

ですから、子どもにもサプリメントを適宜とらせることを推奨します。

もちろんサプリメントにも色々ありますから。しっかりと中身のある、混じりっけなしの者を選びたいですね。

色々なクチコミや評判をみて、良質なサプリを子どもに与えてあげる事で、不足分を補う事ができるようになるでしょう。

>>新聞でも取りあげられている低身長向けサプリの決定版はこちら